何も持ってない私だから、

学生生活、失敗。留学、失敗。就活、失敗、今、そこそこ。これから、にまり。

「当たり前のことが当たり前にできない」私とあなたへ

私たちは、当たり前のことを当たり前にできない人間です。

 

時間通りに起きることから、人に「ありがとう」「ごめんなさい」と言えることまで。

私たちは、当たり前には、できないんです。

私たちは、弱い人間です。

自己保身を第一に考えてしまう、もうどうしようもなく弱い人間です。

 

私たちは、弱い人間です。

いくらでも不誠実に、そして卑怯になってしまう人間です。

社会的に「当たり前」なことを、私たちは決して「当たり前」にはできません。

 

私たちは弱い人間です。どうしようもなく弱い人間です。小心者です。時に卑怯です。

だから、言い訳などせず、「当たり前」のことができるように、意識的に訓練をしていくのです。

 

この訓練は、苦しいです。苦しいことは、知っています。怖いです。

苦しくて怖いから、手を付けやすいように工夫し、勇気を出して挑みましょう。

「当たり前」のことができるように。

仲間や他者や自分自身のために、自分の損得勘定抜きに、動けるようになるために。

 

挑み方は、人それぞれです。

私は、まず「シール帳」を作りました。

「当たり前」のことを意識的にすることができたら、このシール帳にシールを貼り、やったことをわきにメモしておきます。

私は、ゲームでも経験値を貯めることが好きなので、シールを自分の経験値と考えて貯めていけば訓練を続けられると考え、この方法をとりました。

ただ「シールを貼るため」に「当たり前」のことをするわけではありませんが、私は自然に「当たり前」のことができるほど強くはないので、この方法をとります。

どんな小さな「当たり前」でも、やったらシールを貼ります。

郵便受けにたまっていた郵便物を回収すること。食後に食器を洗うこと。部屋の片づけをすること。布団を畳んで整理すること。コンビニの店員さんに「ありがとう」と言うこと。服を畳んで片付けること。課題に手を付けて進めること。歯を磨くこと。トイレに行ったら手を洗うこと。笑顔でいること。人に「ごめんなさい」と伝えること。

 

どんなに小さな「当たり前」でも、です。

私たちにとっては、それらは決して「小さな」ものではないからです。

私たち、弱い人間は、謙虚に「当たり前」を行動していきましょう。

 

私たちは、当たり前のことを当たり前にできない人間です。

私たちは、この社会で幸せになるために、育ちなおす必要があります。

私たちは、「当たり前」のことができるようになりましょう。

 

私は「当たり前」のことが、できるようになりたいです。

そして、おそらくですが、それは実は「当たり前」のことではないのですきっと。

行動原理「保身」「人の目を気にする」

①「保身」・・・「今この瞬間の自分が、誰からも何も言われない」ということが、いちばん大事であること。将来的な、他人の迷惑や損害を考えたり、他人の気持ちを考えず、自分が「今」「怒られない」「ラクである」ことがいちばん大事であること。

 

②「人の目を気にする」・・・何かを成し遂げたり、目的を達成するためではなく、人から外見よく見られるために行動すること。外面さえよければいいので、その中身は適当である。

 

これが、俺のなかみです。これだけしかありません。これを、ひっくりかえしてみますか。

 

①他人にかかる迷惑や損害を考え、また他人の気持ちを考えて、今この瞬間を自分の損得勘定抜きに動くこと。=成長

②何かを成し遂げたり、目的を達成するために行動すること、中身が、目的達成のために根拠のあることであればいいので、外面はどうでもいい。=プロ意識

 

すごいですね。これ、今からこんな風になれないかな?

 

①他人や将来の自分の気持ちや幸せをかなえるため、迷惑や損害から来る不幸を取り除くために、今この瞬間を損得勘定抜きに動くこと。=成長。これカッコいいなぁ。

言われなきゃ、そうなれないのだろうか。でも、言われなくても文字面は、たどり着けた。

じゃあ、あとはその通りに動くだけだ。

 

動けない。

そこが自分の弱さだとしたら、動いたら動いた分だけ強くなれるんじゃないか。

考えたら考えた分だけ、動いたら動いた分だけ、経験値がたまってるんじゃないか?

 

経験値貯めて、レベルアップだ。経験値貯めるのは好きだ。

育ちなおしたいんだけど。

自分は、卑怯者で、全く人間ができていない。

 

いや、本当に。

嘘はつくし、ミスは隠すし、なんでも人のせいにするし、損得勘定だけで動くし、軸はないし、信念もないし、自分の意見も持ってないし、頭もよくないし、先は読めないし、他の人のために動こうとしないし、すぐに言い訳をするし、ちっとも謙虚じゃないし、人の話はまともに聴かないし、相手のことを考えてモノを言うこともできないし、何かと悔やんでばかりだし、すぐに謝るし、自分の身を守ることしかしないし。

 

「本心から人のために動ける人」と同じように動いても「マネ」でしかないから、逆に空虚さが強調されるし。わざとでしょ?よく見られたいからでしょ?みたいな。

 

こんな屑で、社会で生きられるわけがないんだけど。

でも、社会は、俺に甘くて、優しくて。

そのうち、ひどいやり方で見捨てられるのだとは思うのだけど。因果応報。

 

これ、育ちなおすことはできるんだろうか?

どうしようもないんじゃないのか?

 

自分自身に、全く期待できないんだよね。自信がゼロ。自分を少しも信じていない。

だから、奮い立たせることもできないし、叱咤激励もしない。他人事なんだ。

参ったなぁ・・・笑。

俺という人間の全部が、他者依存だから、もうどうしようもない。

まずは、自分が自分の面倒を見れるようになってから、なのかもしれないけれど。

 

自信がゼロ。自信=他者からの評価 だから、さ。

飲み会苦手部

飲み会は得意じゃないんだわさ。

会話が得意ではないんだわさ。

自分の話はあまり面白くないから。何を話しても誰かの気を害してしまいそうだから。

よくないんだわな。

話がまとまらないからな。アタマがよろしくないからな。

 

その、なんか、もうちょっと適当にさせてほしいんだわな。

話があっちゃこっちゃ、飛んでって欲しいんだわな。

それぞれ好き勝手に、それぞれの楽しい話をしてもいいんじゃねーかな。

 

ダメかな?

 

すまんなぁ。

意味はない文章

勇気が出る歌だ。昨日より今日、今日より明日、明日より明後日。

やればできる きっと 絶対 私ナンバーワン!

アイドルマスターが好きだ。とても好きだ。

歌が好きだ、人が好きだ。私は、彼女たちと一緒に生きていこう。

私は、きっと熱中していた。このアイドルマスターというコンテンツに、本気であった。本気であらんと悩み、行動してきたんだと、今では振り返れる。

本気な時って、自分が本気だと気づかない。なかなか、まったく。

まったく、本当に、困ったものだ。

私たちは、本気で生きているのか、それが分かるのは、死ぬ間際なのかも。

全く、コマッタ、ものだ。

 

人は最初から完璧になれない。たちが悪い。

完璧になれないがゆえに失敗する。

たちが悪い。その失敗が、致命的なものだったらば、どうするのか・・・。

社会の中での失敗と言うのは、関係性の中での失敗なのだから、これは、性質が悪い。

成長の糧になりました、なんて言うのは、自分勝手では・・・。

でも、それ以上に「人は最初から完璧ではない」という事実が、デカすぎる。これは、事実として、動かしようがない。

だから、妥協策として、常に自分を客観的に見たり、人から意見を求めたり、失敗したらすぐにその行動を変えたりと、動くことしかできないんだ。

困ったものだ。トホホものだ。だけど、しようがない。

まったく、まったく。笑えてくるのだ。ははは。

今日、反省したこと・気づかされたこと

①膿(不満)はどんどん出すといい。出したら治療ができる。

②まずはこちらが自身を変える、反省し自身が変わる。いつまでもこうあれ。

③組織の長は、絶対に絶対に公正公平でなければならない。

④出た膿は、本当にありがたい。治療ができるからありがたい。

⑤膿を出したのならば、必ず必ず絶対に治療する。これは覚悟だ。

⑥膿は、治療するために出す。膿は、治すために出す。膿を、恐れる必要は全くない。膿は、よりよい状態への最初の段階だから。これを覚えておこう。膿は、大歓迎だ。

⑦私たちは、話す。人間だから、話す。人間だから。

⑧それでも落ち込むことはよくあるだろう、そういう時は、腹いっぱい食べて、一度頭から取り出して(忘れるわけではない)1日くらい置く。すると、本当に考えるべきことだけが頭に残る。と思う笑。

 

まだ10時?もう10時?まだ10時でしょ。12時まであと2時間もある。

2時くらいまでに寝ればいいんでしょ?ならあと4時間あるじゃん・・・。

 

習慣の話。習慣は人を作るよね。習慣。積み重ねていきたいよね、いい習慣を。自分の余裕につながる習慣をね。余裕。余裕だよ。余裕こそ、遊びこそ、人を魅力的にするんじゃないかな。余裕ある人、遊びある人、そういう人は、人を受け入れられるしね。余裕。これを軸にしよう。余裕。

何か変わったのか

入社してから5カ月が経った。

この5カ月は、私の何を変えたのだろうか。

変わったものは、無い気がする。

私は、相変わらず子供で、怒られるのが怖くて、自分からは何もできない人間だ。

 

過去、一番「生きてたな」と感じられていたのは、内定出てから、仕事ばかりしていた時だったな。

アイマスのことやっている時期でもなく、みんなと飲んでいた時でもなく、もちろん留学行ってた時でもなく。

毎回の仕事終わりは、すがすがしかった。

「今日も、生きたな」「今日も1日、働いたな」

「今日は、うまくいかなかったけど、次は頑張ろう」

あのすがすがしさは、なんだったんだろう。

感情の地雷

①恋愛話→劣等感・性欲・幸せ・自分は持ってない羨ましい

②仕事の失敗→ちゃんとやらないと・嫌われる・うまくいかない・完璧主義・失望される・恐れ