読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何も持ってない私だから、

学生生活、失敗。留学、失敗。就活、失敗、今、そこそこ。これから、にまり。

いらないものは、少しずつ捨てていきます

いらないものは、少しずつ捨てていきます。捨てていきます。

 

人は、弱い生き物です。人は、あらゆることを、環境のせいにします。

弱い生き物である人は、よいこと、悪いことの原因を外側に求めます。

弱い人が出す結論は「環境が合っていた」か「環境が合っていなかった」かの、どちらかしかありません。

 

私は、人の中でも最弱の部類の人です。私は今まで、全てを環境のせいにしてきました。

行動しなかったのは、周りの人間が非協力的だったからでした。

就職に失敗してなお、自分の人生を真剣に考えなかったのは、責められるべきは自分ではなく、自分を育てた両親と家庭環境だと固く信じていたからでした。

自分の弱さに向き合わなかったのは、自分の弱さを「弱さ」と規定する社会が悪いと信じていたからです。

 

高校・大学が悪い。父親が全部悪い。社会が・就活と言うシステムが悪い。

ぜんぶ、がっこうがわるい、おやがわるい、しゃかいがわるい。

 

これらは、自分、正しくは、自分のプライドを守るための責任転嫁でした。

でも、責任転嫁は、自分を守るどころか、自分を惨めな社会の片隅に追いやる行為だったと、思います。しようもない人間にする行為だったと、おもいます。どうしようもない、つまらない人間に、自分で自分を追いやる行為だったと。

 

私は弱いです。最弱です。どうしようもない人間の、一歩手前くらいです。

わたしは、よわいにんげんです。