読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何も持ってない私だから、

学生生活、失敗。留学、失敗。就活、失敗、今、そこそこ。これから、にまり。

自分の感情は大切にします

(腹式呼吸が、神経を落ち着かせます。)

 

私は、よくイライラを感じます。

些細なことが、イライラのきっかけになります。

イライラしている時の私は、言葉や動作が荒っぽく、顔は険しくなります。

イライラモードの私は、通常モードのの私が忌み嫌う人間で、私はしばしば、無理にイライラを抑えたり、イライラしたことを後悔するんです。

 

イライラは、ゼロにはできません。

ほとんどの人が、イライラを感じていることでしょう。私だけが、イライラ人間であるわけではありません。

私は、つよくないから、イライラを心に波風ひとつ立てず受け流すことはできません。

イライラは、私と共にあるのです。

 

イライラの存在自体 は変えられませんが、

イライラとの関係性 は、変えられます。

 

私は、イライラしてよいんです。

そして、イライラは、私の隣にいるだけなのです。

 

イライラ君を打倒したり、果ては殺したりする必要はありません。

イライラ君は存在します。

私は、彼の存在を認めます。