読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何も持ってない私だから、

学生生活、失敗。留学、失敗。就活、失敗、今、そこそこ。これから、にまり。

引っ越し前前夜

ありがたいことだ。

3年間も一緒にいて、今も目を見て話せる人が、3人もいるなんて。

本当に、ありがたいことだ。とても楽しかった。

高田馬場で飲んだ時間が、とても愛おしかった。

愛おしかった。

また帰ってこれる。もっとよくなって、帰ってこられる。絶対に、帰る。

 

引っ越しが、すぐ近くになった。

この家に、いつ帰るかは分からないのだ。

留学の時のように、必ず1年後には帰ってくるのとは違う。

寂しい。怖い。時間が過ぎないでほしい。

「その時が来る」という感覚が、ひたひたとくる感覚が、「終わり」が。

 

その「タイミング」は、来てしまうのだ、遅かれ早かれ。

今、その「タイミング」が、「変わるタイミング」が、のど元に突き付けられている。

 

そして、「変化」がのど元を通り過ぎるには、しばらく時間がかかるのだろう。

 

面倒だ。怖い。嫌だ。不安だ。ここにいたい。変わりたくない。4月になっても父母のご飯が食べたい。お金の不安を突き付けられたくない。家事をするのは大変だ。仕事の負荷と一人暮らしの負荷を捌ききれるだろうか。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

俺は、どんな30代になりたい?どんな40代になりたい?

人間の真価が、人格の真価が否応なく試される境遇に立たざるを得なくなった時、俺は、どんな人間でありたい?

人間の真価は、30代、40代には、じわじわと外にまで滲み出てくると、人は言う。

俺は、どんな価値を、外側に滲ませる人間でありたい?

 

怖い。でも、少し、前を向こうと、思うのだろうか。